仙台で動画制作の会社を検討する際のポイント7選

仙台で映像制作をするならどの会社がよい?

 

こんにちは、TOHOKU204の村上です。

今回は、仙台で動画制作の会社を探す際のポイント5をご紹介いたします。

このポイントを押させていただくことで、リーズナブルで最適な動画制作会社を選ぶことができます。

是非、最後までチェックしてみてください。

本記事は下記の方々を対象としています。

  • どんな会社に映像を依頼すればよいのか迷っている方
  • 仙台や、東北地域で最適な動画制作会社を探している方
  • 自社に最適な動画制作会社を探している方

ちなみに、弊社では3万円から映像制作の実績がございますので、ぜひお問い合わせください。

では、早速ポイントを見ていきましょう!

1.電話?メール?自社にあった適切なコミュニケーションが取れるか

動画制作でのコミュニケーションは重要です。

動画制作を行う上で、メール、対面打ち合わせ、電話などそれぞれの企業が得意なことを把握しておきましょう。

動画制作を依頼する際には、右も左もわからないものです。

そんな時に、動画制作会社との適切なコミュニケーションは重要になります。

基本的に、対面、メール、電話、オンライン通話、チャットなどのツールを用いて

映像制作会社とやり取りを行いますが、企業によって得意なコミュニケーションが異なります。

例えば、文章で伝えるのは苦手だけど、ニュアンスなどを対面で伝えることができる時に、

遠方の会社ではなかなか自分たちが思う映像制作を行っていただくことはできません。

逆に、対面でのやりとりを効率化させてチャットでコミュニケーションをとることを求めていても

チャットツールを使えない企業もあります。

全てに対応できる企業がベストですが、問い合わせの際には依頼する際に

基本的なコミュニケーションツールについて聞くようにしましょう。

2,予算に合った映像制作が行えるか

サービスを利用する上で必ず考えなければいけないのが、制作予算です。

「予算を潤沢に用意して、様々なオプションも利用した会社PR動画を作りたい!」

「予算はそれほどないけど、ドローンを利用した動画を作りたい」

「予算を考えず、効果がある採用動画を作りたい」

「低予算の中で、簡単な商品紹介動画をつくりたい」

格安のものから、高級なものまでそれぞれ得意としている動画は違います。

企業がどれほどの予算から対応してくれるのかはきちんと確認しておきましょう。

3.マーケティングの提案は?映像や動画の使い方まで教えてくれるか

動画を作って終了、そこからはノータッチという企業は多くあります。

もちろん動画をつくるだけの会社としては十分なのですが、

それだけでは、少々不親切だと思います。

動画は【目的】ではなく、【手段】はなずです。

この動画の使い方まできちんとサポートしてくれる

動画マーケティングを提案くれる企業を選びましょう。

4.最新技術に強い?ドローンや、アニメーション動画など現代に合った動画制作を行えるか

ドローンや、4K動画などの最新のツールを使える企業を選びましょう

ドローンや、4K動画などの最新のツールを使える企業を選びましょう

制作会社が学ぼうとする意識があるのかという観点がわかります。

ユーザーにとった映像を提供しようとする企業は、多くを学ぼうとします。

ドローンや、アニメーション動画、CG利用動画など最新の手法を取り入れている企業は

ユーザーが求めるものを準備してくれているという意味で動画を作ってくれることが期待できます。

5.提案力は?積極的に提案をしてくれる会社か

依頼する側の要望を汲んだ上で、積極的に効果がある動画制作を提案してくれる企業に依頼するようにしましょう。

先ほども申し上げましたが、最初に動画を作る際にはコンセプトが固まっておらず曖昧な場合が多いです。

積極的に提案してくれない企業は、曖昧な提案を曖昧に受け取り、そのまま作ってしまうことがあります

結局イメージした通りのクオリティにならなかったり、効果がなかったりということが往々にしてあります。

きちんと提案をしてくれる企業なのかどうかは、実際に直接担当者と会って話してみることが大切です。

6.サポート内容は整っているか

サポート内容は最初の提案の際に確認ができます。

予算内の金額の中に、どれほどのサポートが含まれているのか。

企画、撮影、編集、確認、納品、マーケティングサポートなど、様々な工程が入り乱れています

サポートの一部分がかけるだけでも、動画の完成度を左右します。

もちろん、格安の動画サービスではそれなりのサポート内容しか受けられないということもありますが、

どこまでいっても、人との繋がり。

担当となるディレクターときちんと話をし、必要なサポートがある場合にはオプションだとしてもつけてもらうようコミュニケーションをとりましょう。

7.担当者との相性は?ディレクターが温和なコミュニケーションが取れるか

最後まで親身になって取り組んでくれるディレクターがいることが重要です。

相手の顔色を伺った結果、思った通りの物が納品されなければ一番もったいないですよね。

ディレクターがきちんと自分とあっているのかという観点は素晴らしい動画を作る上では大切にすべき要素です。

TOHOKU204にお問い合わせください

いかがでしたでしょうか?

コミュニケーション、予算、マーケティング、最新技術、提案力、サポート、担当者との相性をポイントに

動画制作会社を見極めるようにしましょう。

上記それぞれのポイント、弊社でも自信があります!

 

3万円からの格安動画や、大手企業、行政動画などの実績も多数ございます。

 

弊社の1番の大きなポイントは、海外でも有名な劇団の脚本家が提案する企画設計です。

右も左もわからない際に、最適な動画を企画提案させていただきます。

某有名TV番組の制作を仕掛けるクリエイター陣や、カンヌ金賞受賞クリエイターなど

幅広い制作陣が皆様に沿った動画をご提案いたしますので、ぜひお問い合わせください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

村上卓斗

1990年宮城県生まれ。University of Leeds Sustainability 修了、修士(環境開発学)。地域を持続可能な開発の観点から発展させるべく、英国から帰国後ビジネスを学び、Uターン。地方への想いをダイレクトに還元するために、地域コミュニティ形成を粛々と進行中。誰かが笑ってると笑っちゃう。そんな世の中を作りたい。