『芝居の本質』

 

芝居というのは、あるもののエッセンスを強調、デフォルメして出来上がる。

 

例として、沈没船にまつわる国民性ジョークを紹介する。

 

大海原を航海中の豪華客船にはアメリカ人、イギリス人、ドイツ人、イタリア人、フランス人、そして日本人が乗っている。

 

この船はある欠陥から今まさに沈没しようとしている。

 

船に乗っていては乗客の命が危ないと判断した船長は、乗客に対して海に飛び込むように促す。

 

この状況で国民性が現れる。

 

相手がアメリカ人ならこう言う。

「飛び込めばあなたはヒーローになれますよ!」

 

イギリス人ならばこうだ。

「飛び込めばあなたは紳士になれます。」

 

ドイツ人ならばこう。

「あなたは飛び込まなければならない。それがルールだから。」

 

イタリア人に対してはこう言う。

「今飛び込めば、あとで多くの女性に愛されますよ!」

 

フランス人にはこう。

「飛び込んではいけません。」

 

残るは日本人だ。

 

多くの日本人が得心するのではないか。

 

 

 

「みんな飛び込んでますよ!」

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kinji

青森県出身。家族はヤモリ。東北弁のシェイクスピアをきっかけに舞台の脚本、演出、役者に携わる。演劇的手法を用いた、より人間的なコミュニケーションを得意とする。